2021年9月18日土曜日

乗り換え論

 久しぶりに携帯乗り換えに関しての知識と今後について。

前提条件

2つ以上維持する番号がある。もしくは1つプラス捨て番1を持つ

〇マルチキャリアのガラホがあると便利。(auのGratina4G SIMロック解除)

auのGratina4Gは、docomo,au,SoftBankの4G回線を掴む。(プラチナじゃない場合もあるが)つまり、次に行きたいキャリアに対しての回線調整機能がある。

例 auに行きたい場合はSoftBankかdocomo回線に、docomoに行きたい場合は、auかSoftBank回線になど...

なので、これ一つ持ってると、MNP弾として、一時的に受話専用機としても重宝する。(mineoは3キャリア対応)

〇楽天モバイルは番号だけなら無料で維持できてかつカケホも無料なので、利用価値大きい

(DSDV環境との組合せが最強。例 通信mineo、通話楽天モバイル)

〇povo2.0はau回線対応のSIMフリー機が必要だが、これも電話番号無料維持ができる。

(DSDV環境との組合せが最強。例 通信mineo、povo2.0)

〇OCNモバイルoneは、Android端末をとにかく安く買える。

〇OCNモバイルoneのsimはfomaガラケーで使える。(番号表示も可サイズ変更アダプタ要)

〇OCNモバイルone以外にもIIJmioなど回線と端末抱き合わせ商法はある。

〇最近のSIMロック解除可能機種は中古でも3キャリアでオンラインで無料でロック解除できるようになった。

docomo

au

SoftBank

〇SoftBankのようにAndroid⇔iPhone間でSIM交換不可環境がまだある。

〇ガラホのSIMをスマホで利用できなくするIMEI制限もまだ一部残る。

〇楽天モバイル or povo2.0→OCNモバイルoneで端末を毎年新しくする。

(AとBの番号をOCNモバイルに毎年交互に、そして1年維持)

〇OCNモバイルoneにはSIMのみ追加で2番目以降の回線だと事務手数料が不要で-200円/月

〇Pixelなどのそこそこのスマホをデビュープランって事で1万円以下で新規 or 乗り換えで配ってる。


そんなこんなで乗り換えに関しての方程式が上の条件の組み合わせになります。(笑)
難しいようで原理原則がわかれば簡単。なので、Androidで新しい機種をなるべく短期に買い替えたくて、なお維持費も安くしたいって人の弟子入りお待ちしております。

2021年9月17日金曜日

同じ機種でもスロットが...

10月からキャリア発売のスマホがSIMフリーになります。というかSIMロックして販売できなくなります。

でもでも気を付けたいのはAndroidのデュアルSIM機。

同一機種名でもキャリア版はシングルSIM。SIMフリー機はデュアルSIMとしようが違うことが多いです。

また同一機種でもキャリア版とSIMフリー版で対応周波数が違うものもあるので、よーく調べて購入しないといけません。 

また海外で直接購入しても使えなかったりするので(使えるけど使っちゃダメ)その点も要注意。


ガラホが進化するのか!?G'zOne TYPE-XX

ガラホのメモリーがようやく2GBになったようで、OSもUpgradeされてるのかな??

国産Linux「MIRACLE LINUX 8.4」が10月4日に無償提供。終了したCentOSの後継に最適

サイバートラスト株式会社は、Red Hat Enterprise Linux(RHEL) 8.4をベースに開発した国産Linux OS「MIRACLE LINUX 8.4」を10月4日より無償提供開始する。  

2021年9月16日木曜日

y.u mobile、月5GBで永久ギガ繰り越しや端末補償付きの「シングルプラン」を月1070円に値下げ

「シングルプラン」は、ドコモ網を用いた音声SIMで、月間のデータ通信量は5GB。独自の特徴としては、「永久不滅ギガ」として、使い切れなかった通信料は翌月以降ずっと繰り越しされていく点(最大100GB)、「修理費⽤保険」が基本料金に含まれており、持ち込みや中古を含めて(発売から5年以内、または購入から1年以内が条件)、スマホの故障時に年間最大3万円の修理代金が補償される点がある。

 

2021年9月15日水曜日

povo2.0対応端末

 自分の中では熱いpovo2.0ですが、個人的にはもう少しハードの対応可不可がわかりやすい時代になってほしいなと思いつつ、手持ちの端末と手持ちの携帯番号の契約元と、新規で乗り換えゲットできる端末をとっかえひっかえ睨めっこしながら、複数のアカウントどこに着地させようかと脳内プログラミング中。

自分的には大事な番号が3つあり、すぐ動かせるもの、1年以降に動かせるもの、5分かけほ欲しい、楽天のかけほでかけ放題がいいと組み合わせ無限大!(笑)

そこに大量パケットのmineoがネット回線で加わるものだから家族全体のスマホ構成(来年の4月以降の)を考えるのにも余念がない...

〇端末をゲットする契約→OCNモバイルone(できれば1年ぐらいは維持しなければいけない)

〇追加SIM契約でキャッシュバックもらうかもしくは事務手数料無料の契約

〇新規で22歳以下などで端末が無料でもらえる契約

以上が契約3兄弟。

〇楽天モバイルのかけほ部分だけで維持費0契約

〇povo2.0の5分かけほで550円維持契約

〇povo2.0のかけほなしで0円維持契約

以上が通話3兄弟で、

〇OCNモバイルoneで付いてくるパケット月1GB

〇SoftBankケータイスタート割のパケット月3GB

〇mineoのsim4枚に動的に分散シェアできる超巨大パケット群

以上がパケット3兄弟。

これに次女が使ってるネット専用の楽天モバイル(来春まで無料だが月間100GB以上使ってる)

これをどううまく6人の家族に割り当てつつ、それぞれ女子はiPhone。男子はAndroid端末に割り当てるか。 

なにせ楽天モバイルとpovo2.0のおかげでトータルの維持費が半減しそうなので、1円端末だけでなく中位機種購入に資金を回せるかもしれないと考え中。

中位機種でも1万も出せば乗り換え含めてXiamiなんかだとすごくいい機種が買える時代になった。

HUAWEIがアメリカに意地悪されだした頃はどうなることかと思ったけど、中国のものづくりパワーはすごい。

povoと名義変更

 povoに契約すると契約中は 名義変更できない ようです。