2023年1月31日火曜日

久しぶりにお勉強ネタ

 VHD(仮想ハードディスク)の種類はVer1.0とVer2.0があるが基本は2の方と考えていい。

Ver1.0は.vhdでver2.0は.vhdxという拡張子になる。

データドライブとして作成マウントするのは簡単だが、ブートディスクとして扱うにはちょっとひと手間が必要。これマスターすると、色々便利な事が出来るようになるかも...

例えば、よくある大容量HDD環境がとても遅いが、そこにOSとOfficeが入っているとSSDにクリーンインストールしてもOfficeの移行が最悪できなかったりするが、ドライブが二台はいるようなマシンだとこんな事が出来るかな?と...

まず、HDDをVHD化する。

SSDドライブに新規でWindowsをインストールし、VHDをマウントする。

これでデータはすぐ使えるはず。またデュアルブートの設定にすれば、VHD側からもブートできるようになるはず。(Updateなんかの都合でどうなるか判らんけど...)

 またSSD新規インストールのOS側もVHD内にインストールしてファイル保存しておければ、バックアップとして最悪の場合に戻せる可能性が高くなる。(それなりの技量が要るけど...)

この辺りの記事を見ながら、一度チャレンジしてみる価値はあるかも...

0 件のコメント:

コメントを投稿

アマゾン、「Sidewalk」ネットワークを開発者に開放

 Amazonは米国時間3月27日、開発者がテストを行えるよう「 Amazon Sidewalk 」ネットワークを 開放した 。同社が「安全かつ低消費電力で長距離接続が可能な」ネットワークと説明するこの巨大ネットワークは、米国で数十億台のデバイスに接続環境を提供するよう設計されて...