2017年4月26日水曜日

高騰するフラッグシップスマホを2年ごとに...

自家用車でも現金購入からローン、残価設定ローンなどいろんな購入方法がありますが、二年ごとに最新スマホを買い替えるという単純な考え方で安い回線を選択した場合....
最新のフラッグシップスマホの価格を10万円とした場合
100,000/24=4166.6666....
10万円のスマホを二年で支払い終えるとすると毎月の割賦額は4000円ちょい。
それに一般的な3GBパケット付きの回線だと+1600円なので税別で5600円程度になりますね。
これだと安い気がしません。
スマホの価格を単純に半分とすると
1600+2133=3133円....
毎月3000円ちょいを二年間。うーん通話料もかかるし割安感ないですね。

やはり毎月の維持費を安くするには
〇キャリア回線にMNPして端末を割安に入手し、2年間の割引を享受する(しゃべり放題前提)
〇手持ち端末に格安回線を契約して受話メインで使う(長時間のしゃべりはLINE等で...)

が基本になってきます。
毎月の価格が見えてくると保険やオプションの価格が割高に見えてくるので不思議です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ペロブスカイト

 次世代太陽電池の本命…日本発「ペロブスカイト」 あと数年で実用化されると言われている次世代太陽電池「 ペロブスカイト太陽電池(PSC) 」 コストはなんとシリコンの1/5という話も... 寿命は短いものの10年程度持てば御の字。フィルム型でガラスなどにコーティングしなくてもいい...