2020年1月19日日曜日

外国語でのやりとりが苦でなくなるLINE WORKSの翻訳機能


LINE WORKSは日本語と英語、韓国語、中国語(繁体字/簡体字)に対応しているので、複数の言語で利用可能だ。加えてLINE WORKSではトーク内の文章をリアルタイムに翻訳する機能が搭載されている。この機能を活用することで、英語が苦手な日本人も、外国人とスムースにやりとりできるほか、日本語がつたない外国人でも、自らの意思を正確に表現できる。これにより、言語の壁によって生じる従業員のストレスも解消され、複数の言語が飛び交うオフィスでもコミュニケーションが円滑になる。 https://ascii.jp/img/2020/01/07/3002485/o/2e2fa26aab32df87.jpg

0 件のコメント:

コメントを投稿

ボット感染急増のバッファロー無線ルーター、最新ファームウエアでも被害の恐れ

バッファローは2024年5月22日、同社製の一部の無線LANルーターが ボットに感染する可能性 があり、調査を進めていると発表した。この問題については、2024年5月21日に情報通信研究機構(NICT)のサイバーセキュリティ研究室 解析チームがX(旧Twitter)公式アカウント...