2020年1月19日日曜日

Fitbit、Apple Watchに先駆けて血中酸素飽和度測定機能を搭載

FitbitがAppleに先駆けて、ソフトウェア・アップデートにより、自社のスマートウォッチおよびフィットネストラッカーに、血液中の酸素飽和度(SpO2)を測定する機能を追加。
SpO2とは血液中にどの程度の酸素が含まれているかを示すもので、値は%、正常値は99%〜96%とされ、身体に疾患があったり体調不良を起こしていたりするとこの数値が下がります。
Fitbitのアプリは具体的な数値ではなく、「変動」を記録します。血中酸素飽和度は常に変動するものですが、極端に大きな変化は呼吸に何か問題が起きた可能性を示唆するため、この記録が役立つという訳です。たとえば睡眠中に大きな変動が起きれば、無呼吸になっている可能性があります。

 https://d3a3a5e2ntl4bk.cloudfront.net/uploads/2020/01/fitbit-charge-3-tracker-121812299614.-e1579121503292.jpg

0 件のコメント:

コメントを投稿

ボット感染急増のバッファロー無線ルーター、最新ファームウエアでも被害の恐れ

バッファローは2024年5月22日、同社製の一部の無線LANルーターが ボットに感染する可能性 があり、調査を進めていると発表した。この問題については、2024年5月21日に情報通信研究機構(NICT)のサイバーセキュリティ研究室 解析チームがX(旧Twitter)公式アカウント...