2021年11月14日日曜日

複数の電話番号を1台にまとめるの巻

 DSDSが世に出てようやく1台のスマホで複数の電話番号が使えるようになったと思ったら、物理SIMがeSIMに進化し始めて、物理SIM1eSIM1と言うのがなんとなくトレンドになりそうな今日この頃。

1台のスマホで個人用と仕事用の電話番号を使い分けるのはもちろん、最近ボランティア活動用の電話番号とか複数の番号を使い分ける必要がある筆者(汗)などはできれば3つ4つの番号をまとめられるとそれはそれでとても嬉しい。

で結論は少しずつできるようになってきてるんですが、条件が少しあり、

〇物理SIMとeSIM各1で2番号。

ここまでは当たり前ですが、このeSIMってのは実はiPhoneでは複数番号格納できるようです。(使えるのは1つ)

もう一つ、リタプラスのホームページからでもまだ申し込めるSMARTalkサービスはいわゆるIP電話なので極端な話いくつでも増やせます。

会社と自宅とリタプラスの番号はこのサービスを使ってて(050から始まる)自宅では自宅番号と会社の番号をGrandStreamというIP固定電話で受けています。

スマホの方はスマホの物理SIM(個人番号)と楽天モバイルのeSIM(テストと発信専用)とリタプラスの番号になってます。

そこで問題なのが、050のIP電話番号はMNPに対応してないので、そのままですが、これからeSIMに対応してくる電話会社がいつどんな形で参入し始めるのかによって、我が家の電話番号の管理形態も変わってくるのかなって感じ。

で話は戻って複数のeSIMはスマホの設定で利用をオンにすると使えるようになるので、こんな使い方ができるって事です。(めんどくさいかな?)

〇個人の電話番号は物理SIM

〇会社の電話番号はeSIM

〇ボランティア用の電話番号もeSIM

で週末になるとeSIMをボランティア用ONにすると会社から電話はかかりません。

週明けに忘れないようにeSIMの切り替えをしないといけませんけどね。

これを曜日設定とか時間設定で自由にオンオフ出来たら最高ですけどねぇ。そのうち出るかな??

0 件のコメント:

コメントを投稿

Say hello to eero Built-in

第5世代のEcho dotにAmazonが買収したeeroのネットワーク技術がビルトインされたらしい。meshと言う表現もあるが、この映像ではWi-Fi Extenderと表現している。 今後Wi-Fi6やWi-Fi7にリプレイスするひとは、Echo dotとの連携のこの環境を一...