2018年3月24日土曜日

次の次を読む

最近MVNOからのポートインをとやかく言うところは減ってきましたが、やはり高額キャッシュバックの所は彼らの事情により同一キャリアのMVNOからは条件変更が伴う事もあります。
以前の記事にも書いたようにポートイン先のキャリアが、auだとdocomo or Softbankから、docomoだとau or Softbankからの受け入れに対して親からのインセンティブが払われるわけです。
mineoで回線契約をしているとしましょう。
mineoはご存知のようにdocomo回線とau回線の二キャリアのSIMを発行しています。
○mineoから移転先をauとします。
ポートインされるauはmineoから1契約を奪い取る構図になりますが、問題はそのもと回線がau回線である場合とdocomo回線である場合があるわけです。
簡単ですよね。つまり次にauに行くならmineoでは当初からdocomo回線を選んでおくか、au回線で利用していた場合はdocomo回線に変更した後ポートアウトする方が安全安心に堂々と
”ドコモから来ました”
と言えるわけです。
○mineoから移転先をsoftbankとする場合は、mineoの回線がauでもdocomoでも関係ありません。

そこでもう一つ忘れてならないのは、MVNO(mineo)のデータ契約(シングル)と音声契約(デュアル)の事です。
回線を多数を保有していると、少しでも毎月の維持費を安くしたいのは当たり前です。
そこでどういう風に維持するか?の一例です。
◎新規契約をシングル回線で行う。
mineoは回線の契約が13カ月目でないと違約金がかかるのです。それを逆算しつつ、キャンペーンに乗れるようにします。
この回線はauでもdocomoでも関係ありません。au系の端末があればauの方が若干安かったりSMS無料だったりもしますが...
◎次にMNPしたい月頭に音声契約(デュアル)に変更します。これは手数料2000円かかります。そしてその際同時にポートインすることもできます。(同時なら無料)
つまり、普段は二台持ちのデータ契約で持っておいて、番号の移転を行うのが都合のいいときもしくはポートアウトの時期を見計らって音声契約と同時にポートインすると自分の番号をmineoに移転することができます。
そして当初からの説明通り、その際にdocomo回線かau回線かどちらかを選べることになります。その際大事なのは
自分の手持ちの端末回線の相性と次に行きたいキャリアの組み合わせになるって事ですね。
ちょっと難しかな??
auとdocomo両方のバンドに対応するSIMフリー機が1台あれば、結構重宝するってのはこのあたりの事です。