2020年2月11日火曜日

我が家の通信費シェイプアップの巻

この時期何かとMNPの事ばかりほざいておりますが、久しぶりに我が家の携帯の通信費用を晒してみたいと思います。
それをどう2月3月でシェイプアップするかも含めて...
(単月の費用だけを見ると高いように思いますが、実はその裏には昨年の大キャッシュバックなどが隠れております。最近は総務省の掛け声でキャッシュバックは一時的に収まっておりますので、そこで単月のシェイプアップに取り掛かります。)
年初の状況 (6人家族)
〇mineo データ契約(500MB)×4
〇mineo 音声お試し(200MB)×1
〇PHS×2
〇SoftBank iPhone8×1(SoftBank SIM抜いてmineo-aの上記SIMを使用)
SoftBank AQUOS Xx3 mini×2
SoftBank HTC U11×2
〇SIMフリー iPhone6s×1(mineo-aの上記SIMを使用)
〇SIMフリー iPhoneXR×1(mineo-aの上記SIMを使用)
〇SIMフリー ZenFone 3 ×1(mineo-dの上記SIMを使用)
〇au Gratina4G×7
こんな感じで合計ひと月15,114円ほど払っていました。
15,114/6=2,519円(一人当たりの月額費用)
になります。

これを以下に変更予定 
〇mineo データ契約(500MB)×4
→うち2枚解約
〇mineo 音声お試し(200MB)×1
→解約
〇PHS×2
→うち1台Softbank Xperia1に乗り換え予定
〇SoftBank iPhone8×1(SoftBank SIM抜いてmineo-aの上記SIMを使用)
→3月で元のSIMは2年満期で解約予定。mineoの長期契約1枚にSIM変更
SoftBank AQUOS Xx3 mini×2
→2年満期で解約(切断型でMNP発行も...)
SoftBank HTC U11×2
→6月に2年満期で解約予定(それまでは1台2円運用のまま)
〇SIMフリー iPhone6s×1(mineo-aの上記SIMを使用)
→Biglobe SIMに契約変更半年間はエンタメフリー含めてひと月税別400円で音声付き 
〇SIMフリー iPhoneXR×1(mineo-aの上記SIMを使用)
→Biglobe SIMに契約変更半年間はエンタメフリー含めてひと月税別400円で音声付き
〇SIMフリー ZenFone 3 ×1(mineo-aの上記SIMを使用)
→端末水没で使えなくなる...
〇au Gratina4G×7
→うち1台解約
→うち2台biglobe SIMにMNP転出(キャンペーン適用)
→うち1台mineo SIMにMNP転出(キャンペーン適用)
→うち1台ドコモのFOMA機持込MNP転出(Xi SIMのみ)
→うち1台ドコモに持込新規契約MNP転出(キッズケータイ本体0円/最後のFOMA弾)
→うち1台は5分しゃべり放題の旧プランのまま年末まで運用

これで8,124円までシェイプアップできることになりました。
8,124/6= 1,354円(一人当たりの月額費用)
とほぼ半減することが出来ました。昨年はau GRATINAへの大規模なキャッシュバックがあったため維持費は高騰していましたが、昨年10月からの新プランに途中で切り替えてから解約金が9,500円→1,000円(税別)になったためこのような技が使えるようになりました。
ただBiglobeとmineoのキャンペーンは半年過ぎると価格が+1,200円と+800円になるので、その時に再度頭をひねらねばなりません。
毎月の維持費も大事ですが、最近は事務手数料も抑えられるようになってきたので、だいぶ乗り換えに対して手軽に価格シュミレーションすることが出来るようになってきました。

あなたの家族の携帯代を抑える方法を指南します。
リタプラス香芝

0 件のコメント :

コメントを投稿