2017年11月13日月曜日

今年もKOFに参加しました。

今年も関西オープンフォーラム2017に参加してまいりました。
遠いところ足を運んでいただいた方ありがとうございました。
今までCDから起動する多言語Linuxを中心に展示していましたが、時代が変わり方針変更。
USBからPCを起動させて多言語Linuxを簡単に実現することが出来るようになりました。
USBメモリーが余っている人。MicroSDカードをUSBに変換できるアダプタなどを利用して低コストで多言語のインターネット環境を今使っているPCの環境を壊すことなく実現することが可能です。
今までのCDの時代のようにイメージ作成の時間が短縮されたので、Ubuntuで利用できるすべての言語が簡単に即時追加できるようになりました。
英語や中国語、ハングルはもちろん、ギリシャ語やフランス語、ドイツ語、ヘブライ語からタガログ語に至るまで必要に応じて追加削除が可能です。
当初インバウンドの事ばかり考えていましたが、行政の危機管理で外国人対応のツールとしてもいいんじゃないか?と言ってくれる人がいたりして、さぁどういう行動を取るか?考えていきたいと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿