2020年11月6日金曜日

人生に訪れる「大変化」は生涯で3~5回。変化に対する正しい対処法とは?

 今がまさしくライフクエークの状況です。影響の計器が大きく振れて余波が何年も続くような大変化です。

(中略)私のデータによると、なんらかの変化は12〜18カ月ごとに起こります

(中略)一生涯では大きな変化が3〜5回ほどあります。それがライフクエークです。データから、それをやりすごすのに平均で4〜5年かかることがわかりました。

大変化が3〜5回あって、そのたびに前の状況から新しい状況への移行期が4〜5年あるので、合計で25年ほど、つまり大人になってからの人生の半分は変化や移行の期間だと言えます。

ふむふむ ゆっくり読んでみよう

0 件のコメント:

コメントを投稿

出来れば長く同じ機種を使い続けたい

 出来れば長く同じ機種を使い続けたい。 判ります。その気持ち。でもリタプラスのコンセプトはそうでないんです。その考えの方には悪いのですが、冷たい対応になります。苦笑 ガラケーの時代は6年7年同じ機種をずっと持ち続けることが出来ました。同じ形のガラホになると恐らくそこまでの長持ちは...