2020年11月5日木曜日

キーボード一体型の「Raspberry Pi 400」が登場

Raspberry Pi財団は11月2日(現地時間)、キーボード一体型の「Raspberry Pi 400」を発表した。2021年春頃には、KSYやスイッチサイエンスなどから国内向けモデルも展開される見込み。ケイエスワイでは、予定の税別価格を単体で8,750円、OS書き込み済みmicroSDカードなどが付属するキット版で12,500円としている。 

 

 https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1286/719/02.jpg

0 件のコメント:

コメントを投稿

出来れば長く同じ機種を使い続けたい

 出来れば長く同じ機種を使い続けたい。 判ります。その気持ち。でもリタプラスのコンセプトはそうでないんです。その考えの方には悪いのですが、冷たい対応になります。苦笑 ガラケーの時代は6年7年同じ機種をずっと持ち続けることが出来ました。同じ形のガラホになると恐らくそこまでの長持ちは...