2021年9月24日金曜日

Windows11に対応したPCを買うべきかどうか??

 最後のWindowsと言われたWindows10ですが、買い替えるのならWindows11対応をというのが一般の人の心情でしょうが、逆にそこがチャンス。

Windows11でできてWindows10にできない事が見えない今の時点では、個人的にはWindows11にできたらラッキーぐらいにしか思っていません。

というか、逆にWindows11にできないPCが中古として世にたくさん出回る事の期待しかないと言いましょうか(笑)

Ubuntuで使えばいい。

Windows10のままだって2025年10月までサポートあるやんか。 

さぁ2025年のコンピューターの使い方はどうなっているんでしょうか?

回線速度がもっともっと上がってローカルアプリの比率がぐっと減って、マイクロソフトアカウントに各種設定情報が格納されてローカルアプリさえも瞬時に起動時に最新版がダウンロードされてすぐ使えるようになる。こんな感じかなと。4年経てばクラウドへの依存率が一層高まるのは間違いないでしょう。PCとタブレットとスマホの境目がなくなる。

Windowsのクラウド依存が上がってくるのに対してGoogleの環境がどんな進化をしてくるのかが一番興味のあるところです。

なにせ個人的にはGoogleAppsを1998年からずっと無料で使わせてもらっているので、願わくばこの環境がリタイアするまで使えるといいなと思ってるんですけどね...(苦笑)

ちなみに数年前から新規申し込みのGoogleApps(GoogleWorkspace)はすべて有料です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ボット感染急増のバッファロー無線ルーター、最新ファームウエアでも被害の恐れ

バッファローは2024年5月22日、同社製の一部の無線LANルーターが ボットに感染する可能性 があり、調査を進めていると発表した。この問題については、2024年5月21日に情報通信研究機構(NICT)のサイバーセキュリティ研究室 解析チームがX(旧Twitter)公式アカウント...