2019年5月5日日曜日

アメリカで大論争の「現代貨幣理論」とは何か

今、アメリカで大論争中の「現代貨幣理論(MMT)」をご存じだろうか。「財政は赤字が正常で黒字のほうが異常、むしろ、どんどん財政拡大すべき」という、これまでの常識を覆すような理論である。

参考記事

景気は循環するって確か中学生ぐらいに習いましたが、令和の前の平成は不景気が続き、デフレから脱却することもできなかった。
今までの経済理論が通用しなくなっているのは自明であり、このような新しい理論が出てくることは何も不思議ではない。
さぁ吉と出るか凶と出るか?
果たして財務省がどんな牙をむいてくるかが楽しみである。

0 件のコメント :

コメントを投稿