2021年6月4日金曜日

モトローラの5Gスマホ「moto g100」、仕事に使えるデスクトップ利用の機能も

 モトローラ・モビリティ・ジャパンは2021年5月13日、Androidスマートフォンの新製品「moto g100」を日本市場向けに発表した。5Gに対応し、同社のミッドレンジ「moto g」シリーズでは最も高性能なモデルと位置付ける。直販価格は5万8800円(税込み)で5月28日に発売。以前Samusungの高位機種にもありましたが、TV画面に繋いでデスクトップ的な操作をする機能”Ready For”が搭載されているようです。
Sumsungと違って期待できるのはその販売価格。
10万円もするようだとおいそれと購入できませんが、3万ちょいぐらいで買えるなら、2年ほどは遊べるかも。こんな機能もおそらくAndroidの標準機能として取り込まれてくるでしょうから、それからでも遅くはないかもしれませんけどね。 
moto g100。ミッドレンジスマホ「moto g」シリーズの最上位モデルと位置付ける 外部ディスプレーに画面を出力し、キーボードやマウスで操作できる

0 件のコメント:

コメントを投稿

ゆうちょ銀行、「ことら送金」に対応 手数料無料で10万円まで(月5回)

  ゆうちょ銀行は、「ゆうちょ通帳アプリ」で「ことら送金」のサービス対応を開始した。