2016年1月5日火曜日

OpenDNSによるURLフィルタリング

インターネットのIPアドレスとURLを相互変換するのがDNSサーバーですが、そこにデータベースとして何でも変換してしまうDNSではなく、ポルノサイトや暴力系にはドメイン名でアクセスしてもIPアドレスを返さなければアクセスする事はできません。
つまりインターネット接続時にDNSをフィルタリング付きのモノにかえればそこが持っているデータベースに従って不用意に安全でないアドレスに誘引されにくくなります。
ルーターのDNSをプロバイダーの自動設定に頼るのではなく、OpenDNSのアドレス(208.67.220.123/208.67.222.123)に変更するだけで、家のPCは安全に保つことができるようです。
今スマホの設定でDNSを手動設定できるのかどうかを調査中...

参考記事はこちら

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

脱MicrosoftExcelの巻

自宅で高齢にも拘らずExcelで株価分析。 もう半世紀近くやってる株の売買に表計算=Excelは欠かせない。 でも、多分めっちゃ単純な計算式しか入ってないだろうからLibreでもGoogleSpreadSheetでもいいのでは?と思い、今回MSOfficeなしのDellを注文し、...