2022年6月10日金曜日

タッチ決済、“NFC搭載”でも“おサイフケータイ”非対応のなぜ

 今回マイナンバーカードのキャッシュレスサービス登録でスマホのNFCを使ってみたが、東京のサラリーマンならいざ知らず、関西人はまだまだおサイフケータイの比率が非常に低いと思う。

自分自身もpaypayを主に使っているものの、タッチ決済はまだやってないので、スマホとプラスチックカードを使い分けている。

ので、スマホは5G対応でなければいけないとか、NFC対応でないとあかんって感覚が無い。

まぁNFC対応に関してはマイナカードの紐づけ自体は便利だったけど、実際のpaypayはQRコードなのでNFCは関係ないし...

なので、手持ちの未使用スマホ(自分の3台ご近所の2台)を値付けしてみたけど、Redmi9Tは5000円の価値は十分にあると思う。

最近事務手数料や転出料が無料の格安が増えてきたのもあるので、この半年一年サブスマホをAndroidで遊んでみようかっていう人には良いかもしれないですね。

Redmi 9T 5,000円 (SIMフリー) グレイとグリーン各1

Redmi Note 9T 10,000円 (SoftBak版でSIMロック解除済み) パープルとグレイ各1

Mi 10 Lite 5G 15,000円  (au版でSIMロック解除済み)グレイ1

ご入用の方はご連絡ください。 

Redmi 9Tなんかいつも乗換1円で販売されてたけど、事務手数料やなんやらでお金かかることあるし、回線契約で5,000円キャッシュバックなんてのもあるから、損はさせまへんで。


0 件のコメント:

コメントを投稿

eSIMで音声通話に対応するMVNOの主要サービス紹介

  eSIMで音声通話に対応するサービスを提供(予定含む)する主要なMVNOのサービス まとめ。by shimajiro@mobiler さん