2015年10月6日火曜日

LTEネットワークを使って中速で定額制

一般的にスマホなりMVNOのSIMは3GBとか7GBなどという高速通信の容量制限があります。
以前あった初代のWiMAXはそれがなかったので、自宅の回線として代用している人もいました。(筆者も1年間だけ試してみましたが、レスポンスの悪さで疲れました...)
回線業者側からすれば、一部のとんでもない容量を使う人を制限するために一般の人にも制限を加えるという構図になっていますが、中速で容量制限なしというサービスもあるので、そのご紹介...
PCで700kbpsだとやはりちょっとイラツク遅さですが、一般的なSIMの制限速度は128kbpsとか200-300kbpsなのでそれに比べればはるかに使い勝手はよいと言えます。
パナソニックの「Wonderlink」では、月1GBまで高速通信が行える「F-使い放題700」(月額1580円、10月末までに申し込むと1年間は月額1400円)というプランを用意しており、1GBを消費してしまっても、最大700kbpsで通信できるそうです。
回線自体はドコモでその間にIIJmioというしっかりした老舗の技術会社が挟まっているので安心感があります。
記事はこちら

0 件のコメント:

コメントを投稿

KDDIの「povo2.0」「UQ」「au」どう違う? どう選ぶ?《2024年4月最新版》

  近年携帯電話料金の新プラン登場が進んでおり、2020年の5Gサービスのスタートから、2021年のオンライン専用ブランド/プランの登場など、毎年のように新プランが登場している。 今回は、KDDIのauとUQ mobile、povoの3ブランドの料金プランを解説 する。おな...